メニュー

よくある質問Q & A

矯正治療が終わった後の保定期間とは具体的にどれくらいの長さですか?

保定期間中、天神歯科・矯正歯科では基本的にマウスピースタイプの保定装置を患者さまに装着していただきます。日中も装着する必要がある期間は「矯正治療にかかった時間 + 半年程度」とお考えください。

保定期間が必要なわけ

矯正終了直後は後戻りしやすい時期です

矯正治療で歯が動くということは、他の要因でも動いてしまう可能性があるということです。特に矯正治療終了後すぐは歯の周辺組織が安定せず、動きやすい(後戻りしやすい)状態にあります。ですので、矯正終了後は少なくとも1日20時間以上、保定装置を装着することが必要となります。

せっかく矯正治療が終わったのに…とお思いになるかもしれませんが、きれいに整った歯をキープするための大切な過程が保定期間です。保定装置をしっかりと付けていれば、後戻りはほとんど生じません。逆に保定装置の装着を忘れたりさぼったりすることで、歯並びは徐々に変わってきます。

保定中について

保定期間中の通院について

天神歯科・矯正歯科では、経過観察のため、治療終了後の保定期間中に4回ほどの通院をお勧めしています。まずは終了1ヶ月後の頃、きちんと保定装置を使えているか、歯の後戻りの気配はないか等を確かめ、保定期間中のアドバイス等も行っていきます。問題が見られないようであれば、数ヶ月後、半年後、というように通院の間隔を伸ばしていき、およそ2年後の時点で問題が見られないようであれば、保定期間の終了目処をお伝えすることとなります。

その後もご希望があれば、メインテナンスやご相談を承りますのでご連絡ください。保定期間中の通院費用に関しては「矯正完了後の保定装置の費用はいくら程度かかりますか。」をご覧ください。

保定装置を外すまで

保定装置はいきなりやめるものではなく、装着時間を少しづつ減らしていき、最終的に装着をやめるという形で保定を進めていきます。舌の癖や口呼吸などの癖がある方はどうしても後戻りしやすい傾向にあるので、装着時間を減らしつつ、歯並びに変化がないか確かめながら、保定装置の終了を目指します。

後戻りの不安要素のある方の中には、保定期間終了後も夜間だけ、1日の一定時間だけ、保定装置を使用し続ける方もいらっしゃいます。正しい歯並びや噛み合わせを保つことは審美面のみならず、健康面にも大きなメリットとなります。保定期間中はそういった「財産」を守るため毎日の「ケア」を行っていると考え、装置の着用をしっかりと行ってください。

天神歯科・矯正歯科 転院制度 天神歯科・矯正歯科 メールマガジン

カウンセリングのご予約
・各種お問い合わせは

※ホワイトニングのご予約は
お電話でのみ受け付けております。

WEBからのご予約はこちら お電話でのお問い合わせ・ご予約・無料カウンセリングはフリーダイヤル0120-632-555

ご予約・カウンセリングの
お申し込みはこちら

※ホワイトニングのお申し込みは
お電話でのみ受け付けております。

WEBフォームからお申し込み 電話でお申し込み フリーダイヤル0120-632-555
閉じる