ブログ

裏側(リンガル)矯正で口内炎ができたらどうしたらいいの?


皆さまこんにちは✨
天神歯科・矯正歯科でございます🦷
本日は、当院でも一番人気の歯列矯正方法の一つである裏側(リンガル)矯正で
起こりうる口内炎についてご説明していきたいと思います😊
ぜひ最後までご覧くださいませ🍀
天神 矯正歯科 裏側矯正

まずはじめに

裏側矯正とは口腔内の舌側に装置を付ける矯正装置でございます。
矯正装置が裏側に着くので、普段の生活で矯正をしていることが周囲に気づかれにくいことが
裏側矯正の最大のメリットです😊✨
矯正治療をしているのがバレたくない方や、矯正中の口元が気になる方にはとってもオススメです💕
マスク生活も個人の自由となり、裏側矯正で矯正治療を始めていきたい方も増えているように感じます😳
裏側矯正は虫歯になりやすい?と質問をよく受けますが、歯の裏側(舌側)は表側よりも唾液の作用を受けやすいので
汚れが洗い流されて、虫歯のリスクは表側矯正とほとんど変わらないとも言われています🦷
裏側矯正にはこのようにたくさんのメリットがある反面、口内炎に悩まされている方が多いのも事実です💦
当院でも、特に装置をつけた最初のうちは口内炎に悩まされているスタッフもいました・・・😔
裏側矯正で口内炎ができてしまう原因としては、歯の裏側に着いている矯正装置と舌が触れたり擦れたりすることで
口内炎ができやすくなっています💦
天神 矯正 顎関節症

矯正中ずっと口内炎とつきあっていくの?

上記で当院のスタッフも「最初のうちは」とお伝えした通り
口腔内が装置に慣れてくると、装置が舌に触れたり擦れたりしても口内炎は収まってきます!!
ただ矯正装置に慣れていく時間に関しては、もちろん個人差がございます😔
では口内炎が中々治らない人、良くできてしまう人はどうしたら良いの?と思いますよね🙁
天神 矯正 どっちのタイプ

口内炎ができてしまったらどうすれば良いの?

基本的には、通常の口内炎ができた時と同じ対処方でございます✨
口内炎をさらに傷つけてしまわないように、粘膜を保護したりお薬を使用しましょう🙎
市販で売られているパッチ等でも口内炎の早期治癒に期待ができますよ💕
矯正中にできてしまう口内炎は矯正装置との接触が主な原因ではありますが
矯正中でも全くできていない人もいらっしゃいます😳
矯正以外での口内炎というと食生活の乱れやストレスなどが主な原因の可能性が高いと思います💦
口腔内が汚れていると口内炎の治りが遅いとも言われているので
特に矯正中は装置がついて歯磨きは大変だとは思いますが、しっかりと清潔に保っていきましょうね!!
天神 矯正 歯磨き

矯正中の口内炎予防グッズを活用しよう!

舌や頬に矯正装置が当たってしまうのは避けても避けられません💦
そんな時こそ便利なものがございます!!
それは「矯正用ワックス」です🦷✨
練り消しみたいなものを装置に張り付け、口内炎が装置に当たっても痛くなくなるようになります😳
ワックスの使い方は当院のTikTokでも見ることできるので、ぜひ見てみてください💖
とっても簡単ですよ🌟
当院のTikTokはこちら

まとめ

矯正中は(裏側矯正だけでなく表側矯正でも)口内炎と上手く付き合っていかないと
ストレスに感じたり、食事や会話をすることが億劫に感じがちですが
ワックスや口内炎のお薬などを上手に使いながら矯正治療と向き合っていきましょう😳
天神 矯正 食事 注意