ブログ

ガミースマイルはマウスピース矯正で改善できる?


こんにちは😆
天神歯科・矯正歯科です🦷✨

本日は「ガミースマイルはマウスピース矯正で改善できる?」についてお話させて頂きます!
天神 矯正 ガミースマイル
「ガミースマイルを治したいけど、目立ちやすいワイヤー矯正はちょっと…」とお悩みではありませんか?
結論から申し上げると、マウスピース矯正でもガミースマイルを治せる可能性はあります。
今回はどのようなケースがマウスピース矯正の対象なのか、またガミースマイルの治療方法についても分かりやすくまとめました。
見える歯ぐきを少なくして自然な笑顔にしたい方は、ぜひご参考ください!

軽度であればマウスピース矯正での治療が可能

ガミースマイルは、笑ったときに上顎の歯ぐきが広い範囲で見える状態を指します。

「ガミースマイル」と一言でいってもレベルがあり、軽度でかつ歯に原因がある場合はマウスピース矯正での治療が可能です。
骨格に問題があるケースも多く、その場合は外科手術が必要になる可能性があります。

どのような内容なのかを次でくわしくみていきましょう。

ガミースマイルを治す外科手術について

ガミースマイルを治すために行われる外科手術は、主に以下の2つです。
どちらが適切かは事前の精密検査の結果によって決まります。

骨切り治療

天神 サージェリーファースト
骨切り治療は骨格に問題がある場合に行う手術で、顎骨の範囲を短くして形を整えるものです。
歯を動かすことはできないため、骨格と歯並びの両方に問題が見られる場合は、手術前もしくは手術後に矯正治療を行う必要があります。

歯肉整形

天神 ガミースマイル 歯肉整形
歯肉整形は歯ぐきのラインを切って形を揃える方法です。
手術後の傷跡がきれいに治り、骨切り治療よりも痛みや腫れがすくなく、短時間で施術が終わります。
噛み合わせに問題がなく、歯が短く見える方におすすめの治療法です!

一時的にワイヤー矯正と併用して治療をすすめることもある

天神 矯正
ガミースマイルは過蓋咬合と併発している場合が少なくありません。
歯の高さを出したり、高さを維持したまま真横に動かす必要があると、ワイヤー矯正を併用して治療をすすめる可能性があります。
重度の過蓋咬合だと、ワイヤー矯正の併用だけでなく外科手術が必要になる場合があります。

適切な治療法をみつけるには精密検査が必要

天神 矯正 精密検査
ガミースマイルは原因によって治療法が異なります。
適切な治療法をみつけるには歯や骨の状況を正しく把握できる精密検査が欠かせません。
精密検査では、口腔内や顔写真撮影、レントゲンや歯科用CT撮影などを行います。
特別痛い検査はありませんので、ご安心ください。

ガミースマイルでお悩みの方はまずは歯科医院へご相談を

軽度のガミースマイルであればマウスピース矯正での治療が可能です。
場合によってはワイヤー矯正や外科手術を併用してすすめることもあります。
原因や状態をはっきりさせるには、治療前の精密検査が必要です。
精密検査を受けるかどうかを判断するためのご相談も承っておりますので、お気軽にご連絡ください。
ガミースマイルを治して、コンプレックスとおさらばしましょう!