ブログ

裏側矯正の症例紹介~過蓋咬合~


歯列矯正 過蓋咬合 歯並び

こんにちは!
福岡県の福岡市中央区にあります天神歯科・矯正歯科です(^^♪

本日は裏側矯正の「過蓋咬合」の症例をご紹介させて頂きます!( *´艸`)
実際の症例写真を掲載させて頂きますので最後まで是非ご覧ください!

過蓋咬合

まず、過蓋咬合とは何か皆さんはご存じですか?
歯列矯正 過蓋咬合 歯並び
「過蓋咬合」とは奥歯を噛んだ状態で
下の前歯に上の前歯が深く被さっている状態のことを言います。
上下の歯の噛み合わせが深いことから、【ディープバイト】と呼ぶこともあります(^_^)v

過蓋咬合のリスク

過蓋咬合は日常生活的には問題がないことが多いですが、
放置してしまうことで様々なリスクがあります。

顎関節症

天神 矯正 顎関節症
噛み合わせが深い為、顎が後ろに押し込まれ、顎関節に負担がかかってしまうようになります(;_;
顎関節に負担がかかると顎関節症になるリスクは高いです。

歯茎を傷つけやすい

通常よりも噛み合わせが深い為、
下顎の前歯が上顎の裏側の歯茎に当たってしまうことが多く、
噛むたびに当たってしまい、傷つきやすい傾向にあります(;_:)

咀嚼機能低下

過蓋咬合は正常な歯に比べて、噛み合わせが悪く、
前歯でしっかりと食べ物を噛むことができません。
奥歯の臼歯部分では噛むことはできますが、
その部分に強い力が集中し、予想外な負担がかかっています。
奥歯で噛めていても咀嚼能率は下がっていく傾向にあります(;_;

歯の消耗が早い

噛み合わせが深く、前歯に強い負荷がかかり、擦り減ってしまう為
前歯の形が大きく削れてしまいます(;_;
また、奥歯でのみ食べ物を噛むことになる為、負担が大きく、歯の消耗が早くなります;つД`)

それでは、過蓋咬合の症例を紹介いたします!
ご説明させて頂いたリスクも踏まえて是非ご覧ください!

症例

①年齢:25歳(初診時)

②性別:女性

③矯正方法:裏側矯正

④主訴:噛み合わせが深い、前歯が出ている気がする

【初診時】
症例写真 噛み合わせが深い 

こちらは初診時の写真になります。
正面から見た際に、噛み合わせが深く、下の歯が上の歯で隠れてしまっています(;_;
また、横から見てみると、上顎と下顎の前歯部分に隙間ができており、
そのせいで上顎前歯が出ているように見えてしまいます。
上下の前歯に隙間があることで、前歯で食べ物を噛むことは難しいと言えます。

【装置装着時】噛み合わせが深い 裏側矯正 症例

こちらは上下ともの歯の裏に装置を付けたばかりの写真になります。
バイトアップという処置を行い、一時的に噛み合わせを高くしています。
矯正治療はこれから始まっていきます!

【装置装着から6か月】
噛み合わせ深い 裏側矯正 経過写真

装置を付けてから半年が経ちました!
この日から一時的に噛み合わせを高くしていたバイトアップを削りましたが、
下の歯が見える自然な噛み合わせの見た目になってきました( *´艸`)

歯のがたつきと噛み合わせが改善されたので、
これから上顎の左右4番の抜歯を行い、前歯を下げていく段階に入ります!
抜歯のタイミングは検査次第で患者様によって異なってきます。
装置を付ける前に抜く方や、こちらの患者様の様に治療途中で抜く方もいます(*^^*)
一番ベストな治療方法をご案内させて頂きますのでご安心下さい!

【装置装着から1年4か月】
噛み合わせが深い 経過写真 過蓋咬合

こちらは装置を付けて1年4か月が経過した写真です!
抜歯も行い前歯部分を下げることができました(*‘∀‘)
抜歯スペースも埋まり見た目では気にならないほどです!
後は微調整程度動かしていき、終了になります。

当院ではワイヤー矯正の場合、最後の微調整はマウスピースを使用して治療していくこともあります。
追加費用は掛かりませんのでご安心下さい(*^^*)

まとめ

いかがでしたか??
今回の症例は過蓋咬合をご紹介させて頂きました。
さらに詳しいお話やご質問は無料カウンセリングも実施しておりますので、
そちらでご説明させて頂ければと思います( *´艸`)
不正咬合には他にも種類がございますので、他の症例も改めてご紹介いたします(^^♪