メニュー

ブログBlog

装置の種類①

こんにちは☺天神歯科・矯正歯科でございます。

ハロウィンも終わり、11月に入りとても寒くなってきましたね(; ・`д・´)

本日は矯正装置の種類、そして装置のメリット・デメリットについてお話させていただきます★

当院で扱っている装置は

  • 裏側矯正
  • 表側矯正
  • マウスピース型矯正
  • ハーフリンガル矯正
  • 部分矯正

になります☺

主に代表的な3つの装置を紹介していきます!

 

裏側矯正

裏側矯正は矯正装置を歯の裏側に装着するので、周囲にきづかれることなく、歯並び・かみ合わせを治療することができます。

職業柄装置が見えると困る方やできるだけ気づかれずに矯正治療を受けたいという方におすすめです。

メリット

  1. 歯の裏側に装置を装着するため、周囲から見えることなく治療を行える
  2. 歯の裏側は唾液量が多く、殺菌作用のある唾液が循環するおかげで虫歯菌が増殖しにくい。表側矯正に比べると比較的虫歯になりくい
  3. 歯は矯正装置がついている方向に動きやすい性質を持っており、前歯が後ろに引っ張られるため、前歯が出ている方や上下の歯に隙間がある治療に向いている

デメリット

  1. 個人差はあるが、装置装着当初は発音がしにくく、舌に違和感を感じる場合がある
  2. 他の装置に比べて費用が高い
  3. 舌に口内炎ができる可能性がある

詳しくはこちらをご覧ください♪

https://tenjinkyousei.com/ortho/lingual/

表側矯正

マスク生活が中心の今、費用を抑えられる表側矯正も人気です。

装置が舌に触れないため、発音や咀嚼はスムーズにおこなうことができます。また、幅広い症例に対応しており、複雑な歯並びで他の矯正方法が難しい方でも表側矯正をおこなうことができます。

メリット

  1. 裏側矯正に比べて喋りづらさや違和感が少ない
  2. 費用を抑えることができる
  3. 幅広い症例に対応

デメリット

  1. 装置が目立つ
  2. 装置の厚みによる口元の突出感がある
  3. 装置が口の粘膜に擦れて傷ついたり、口内炎ができる可能性がある

 

マウスピース型矯正(インビザライン)

マウスピース矯正は自分の歯型に合わせたマウスピースを使用して、歯並びを矯正する治療方法です。

ワイヤー矯正との異なる点として取り外しができ、矯正治療中も違和感を感じずに食事や歯磨きができます。痛みも少なく、金属アレルギーの方にもオススメです。

メリット

  1. 透明なプラスチック素材で目立たない
  2. 取り外すことができるので普段通りに食事・歯磨きができる
  3. 痛みが少ない
  4. 通院頻度を少なくすることができる

デメリット

  1. 矯正装置を一定期間装着しなければならない
  2. 装着時間と使用状況が悪いと、治療期間が長くなる
  3. 症例によっては治療できないことがある

マウスピース矯正をもっと知りたい方はこちら♪

https://tenjinkyousei.com/ortho/mouthpiece/

 

どの装置も、見た目的な改善をするだけではなく、かみ合わせのバランスを調整すること、歯のがたつきをなくすことにより歯の清掃性を良くして虫歯予防や歯周病予防をすることができます。

歯並びがよくなることで歯の健康に繋がり、更にご自身の健康にも繋がっていくので一緒に自分にあった装置をみつけ、素敵な笑顔・歯並びを手に入れましょう☺

歯並びの良い人のイラスト

 

«

天神歯科・矯正歯科 転院制度 天神歯科・矯正歯科 メールマガジン

カウンセリングのご予約
・各種お問い合わせは

※ホワイトニングのご予約は
お電話でのみ受け付けております。

WEBからのご予約はこちら お電話でのお問い合わせ・ご予約・無料カウンセリングはフリーダイヤル0120-632-555

ご予約・カウンセリングの
お申し込みはこちら

※ホワイトニングのお申し込みは
お電話でのみ受け付けております。

WEBフォームからお申し込み 電話でお申し込み フリーダイヤル0120-632-555
閉じる