ブログ

矯正治療開始後の流れ


歯列矯正 IMP 型取り

こんにちは(*‘∀‘)
福岡県の福岡市中央区天神にあります『天神歯科・矯正歯科』でございます(*^^)v
GWも終盤に差し掛かりましたが、いかがお過ごしでしょうか?(。´・ω・)?

先日「カウンセリング後からの大まかな流れ」をお伝えしましたが、
今回はその中の「矯正治療開始後の流れ」を詳しくご紹介します(^^♪
ご契約後は基本的に以下の流れで進んでいきます(‘ω’)ノ

①お口の中の確認・型取り・クリーニング

歯列矯正 IMP 型取り
まず最初に装置作成の為の型取りとむし歯がないかのチェックを行います。
口腔内を確認させて頂き、虫歯があれば虫歯治療からお願いしております(^o^)丿
当院は歯列矯正を専門に行っておりますので、虫歯治療は別のクリニックで行って頂く流れとなっておりますので、
ご協力の程よろしくお願いいたしますm(__)m

次に、装置装着前に無料でクリーニングをさせていただきます!!
虫歯治療を行った方であれば、一度虫歯治療された箇所のみ再度型取りをさせて頂きますが、
虫歯が無かった方は装置を付ける直前にクリーニングをさせて頂きます(*^^*)

かかりつけの歯医者さんでクリーニングをしている場合などは治療中に行うことも可能ですのでお声かけ下さい☆彡

②装置の発注(製作期間約2ヶ月)

①と並行して装置の作成を行います。
入金の確認が取れましたら、型取りをしたもので装置の発注をします。

オーダーメイドで作成している関係でおよそ2ヵ月程期間を頂きます。
虫歯治療は装置が出来上がる前に終わらせて頂くのがベストです!!
しかし、大きな虫歯だったり、忙しくてなかなか虫歯治療に通えないなどがあった際には
2ヵ月以上かかってしまう方もいらっしゃるので、焦らずご自分のペースで治療を行って下さい(^^)/

③TAD‘s埋入(必要に応じて)

TAD‘sといわれる小さなネジを埋入します。
埋入する場所は装置の種類によって異なります。
患者様によって装置装着前に埋入する場合と治療が進んできてから埋入する場合があります。
埋入したネジを安定させるために1~1.5ヵ月かかります(´・∀・`)

TADsは怖い、、、と言われることもあります( ;∀;)
安心してください!
TADsではなく別の方法でも代用できることもありますので、
ご不安がある方はカウンセリング、診断どちらの時でも大丈夫ですのでご相談ください!

④抜歯(必要に応じて)

天神 矯正 抜歯
治療の流れで最初に歯を抜く必要がある場合は装置装着前にに歯を抜きます。
患者様によっては装置装置装着後、ある程度歯が並んだ段階で歯を抜く場合もあります。
歯を抜く場所は当院、またはかかりつけの歯医者さんでも構いません。
かかりつけの歯医者さんで抜かれる場合は依頼状を作成いたしますので必ず
お持ち頂いてかかりつけの歯医者さんの受付の方へお渡しをお願いいたします!!

⑤装置装着

歯列矯正 ワイヤー 装置装着
出来上がった装置を付けていきます。
基本的に上下どちらか一方から装置を着けていきます。
装置を付けた後の注意事項や歯磨きの方法も一緒に説明をいたします(*^^*)

⑥ワイヤーの交換&調整(1か月~1か月半毎)

歯列矯正 検査 矯正治療
歯の動きを確認しながらワイヤーの交換等の調整を繰り返していきます。

⑦矯正終了

最終的に歯並びや嚙み合わせ等細かいところのチェックを行い、
患者様にご納得いただいた上で、問題がなければ装置を外していきます☆彡

長い矯正期間お疲れ様でした!!!!

⑧保定期間

矯正 保定装置
矯正終了となり装置を外したら後戻りを防ぐための保定期間に入ります。
保定期間はマウスピースやFIXと呼ばれるワイヤーを患者様に応じて使用して頂きます。
使用期間は矯正していた期間や口腔内の状況に応じて異なってきます。
以上が基本の矯正治療の詳しい流れになります。
患者様によって順番が前後したり、他の処置が必要になる場合もございますので
契約後にしっかりご説明させていただいております(*^^*)
何かご不明なことがありましたらいつでも、お気軽にご相談ください!