ブログ

歯列矯正すべき噛み合わせとは


皆様こんにちは✨
天神歯科・矯正歯科でございます🦷
暑い日が続いていますが、皆さまいかがお過ごしでしょうか💦
天神歯科・矯正歯科では暑い外から患者様を迎える準備をしております😊
エアコンで院内を冷やしたり、ウォーターサーバーもご用意しております😊
熱中症には充分に気を付けてお過ごしくださいね😯
話は変わって、本日は歯列矯正すべき噛み合わせについてご紹介していきたいと思います✨
ぜひ最後までご覧くださいませ😆
天神 矯正歯科 裏側矯正

はじめに

噛み合わせが悪いとどのような影響が起こりうるかを皆様にご説明します❕
まず頭痛がおきたり、虫歯や歯周病といった原因になったりと、色々な症状に繋がっていく可能性がございます😣
また噛み合わせが悪いという事は強く噛んでいる場所があるので、その歯をずっと使う=噛んでいくと他の歯より
もろくなるのスピードも早くなってしまいます💦
強く噛むということは、一部分にだけ強く負荷がかかりすぎているということです😯
その負荷とはご自身の体重の数倍と言われています😨
その状態で生活していくと歯がもろくなるスピードが他の歯より早くなるのは容易に想像できると思います💦
ではどのような歯列が噛み合わせが悪いということなんでしょうか🤔
また噛み合わせが悪い歯並びのことを歯科業界では『不正咬合』と呼びます😯
福岡 天神 説明

不正咬合の歯並び

⑴叢生(八重歯など)

歯が重なっていたり、歯が歯列からはみ出したりしている状態のこと🦷
天神 矯正 叢生

⑵上顎前突(出っ歯)

上顎の前歯全体や前歯の先端が突き出た状態のこと🦷
天神 矯正 出っ歯

⑶下顎前突(受け口)

上の歯よりも下の歯が前に飛び出している状態のこと🦷

天神 矯正歯科 下顎前突

⑷過蓋咬合(噛み合わせが深い状態)

上の歯が下の歯に覆いかぶさりすぎていて、下の歯が見えていない状態のこと🦷
福岡 天神 矯正

⑸すきっ歯

歯と歯の間に隙間ができている状態のこと🦷
福岡 天神 矯正

⑹開咬

奥歯だけで噛んでいて、前歯では噛んでいない状態のこと🦷
天神 矯正 開咬

⑺交叉咬合

噛み合わせが上下反対になってしまっている状態のこと🦷
福岡 天神 矯正

このような歯並びの方は、歯列矯正をオススメします✨

まとめ

最初の方でお話もしましたが、歯並びが悪い/かみ合わせが悪いと身体に様々な悪影響を及ぼす可能性があります😓
今はそのような悪影響が無いかもしれませんが、将来自分が年齢を重ねていくにつれて
悪影響が自分の身体に起こっていくことを考えると、今のうちから歯列矯正により
噛み合わせを整えてあげた方が良いと思います😊
歯並びや噛み合わせが気になっている方!!!
一度、天神歯科・矯正歯科へカウンセリングを受けに来ませんか😳
患者様それぞれに合った最適な治療方法をご提案させていたます🙌
皆さまの矯正への一歩を一緒に踏み出したいと思います✨
皆さまのお越しを天神歯科・矯正歯科スタッフ一同お待ち致しております💓