ブログ

妊娠中でも歯科矯正を行うことはできる?


こんにちは✨
天神歯科・矯正歯科です😆

本日は「妊娠中でも歯科矯正を行うことはできる?」についてお話させていただきます!
天神 矯正 妊娠

矯正治療は1~3年と長い治療期間がかかるため、
「人に会わない産休・育休中に矯正したい」、「矯正治療中に妊娠した」という方も少なくないと思います。

この記事では、妊娠中の歯科矯正について詳しく解説します!
妊娠を希望している方や妊娠中の方はぜひ、この記事を参考にしてみてくださいね😊

妊娠中でも歯科矯正はできる

結論から申しますと、妊娠中でも歯科矯正は可能です🙆
ただし、妊娠中の矯正治療には次のようなデメリットがあります🙅

天神 矯正 妊娠

〈妊娠中の矯正治療におけるデメリット〉

・妊娠中は体調が変わりやすい

・矯正治療は痛みを感じることがあり、痛み止めが必要なケースがある

・つわりやホルモンバランスによって虫歯や歯周病になりやすい

・胎児への影響を考えて控えたほうがいい治療がある

妊娠してからの矯正治療は控えたほうがいい

妊娠中でも矯正できるとはいえ、妊娠が発覚してからの矯正治療はなるべく避けた方がいいでしょう😓

天神 矯正 ストップ

矯正治療が直接的に胎児へ影響を与えることはないとされています。
しかし、体調の変化が多いデリケートな時期なので、妊娠してから矯正治療を始めることはおすすめしません。
つわりがひどい場合は矯正装置すらも気持ち悪さの原因になったり、矯正の痛みでよりつらくなったりする可能性もあります。

そのため、これから妊娠を希望している方は矯正期間を考慮して治療をはじめるようにしましょう!

矯正治療中に妊娠したら?

矯正期間中に妊娠しても、そのまま矯正を続けられます◎

矯正期間は長いため、その間に妊娠する方も珍しくありません。
矯正治療に伴うレントゲン撮影や抜歯がすでに終了しているのなら、そのまま治療を継続できます。
ただし、妊娠中は虫歯や歯周病になりやすいため、丁寧な口腔ケアを心がけましょう🦷✨

天神 矯正 胎児

体調が辛い場合には、一度矯正治療を中断することも可能です。
治療を受けている歯科医院で相談してみましょう!

妊娠中の矯正治療で気を付けるポイント

妊娠中は胎児や妊婦さんのことを考慮して、治療を進める必要があります。
もし、妊娠中に矯正治療をする場合には、次のポイントに気を付けましょう☝

虫歯や歯周病のリスクが高い

妊娠中はつわりやホルモンバランスの影響で、通常よりも虫歯や歯周病のリスクが高くなります😵
加えて、ワイヤー矯正の場合は自分で装置の取り外しができないため、歯磨きがしにくくなります。

そのため、妊娠中は特に丁寧なお口のケアに努めましょう!
つわりで歯ブラシが難しい方はこまめなうがいやヘッドの小さい歯ブラシを使ってみてください。
天神 矯正 ケア

レントゲン撮影を避ける

特に、妊娠初期のレントゲン撮影はできるだけ避けましょう📹

天神 矯正 注意

矯正を始める前には歯のレントゲン撮影を行います。
歯科用のレントゲンはお腹から離れた口に照射し、防護用エプロンをつけて撮影するため、
基本的に胎児や妊婦さまに影響はないとされています。
しかし、妊婦さまや胎児の安全を考慮して極力避けた方がよいでしょう⚠

麻酔が必要な治療を避ける

歯科用の局所麻酔が必要な治療は念のため控えるようにしましょう。
天神 矯正 妊婦 麻酔

抜歯を必要とするケースでは、局所麻酔が使用されます。
歯科で使用する麻酔の量はわずかなため、胎児に影響はほぼないといわれています。
しかし、レントゲン撮影と同様に安全を考慮して避けるようにしましょう⚠

薬の服用に気をつける

天神 矯正 妊婦 薬
矯正治療中は痛み止めや抗生物質が処方されることもありますが、薬の種類には気をつけましょう💊
特に妊娠初期と後期は胎児への影響も懸念されます。

まとめ

妊娠中でも矯正治療は可能です◎
ただし、妊娠中は虫歯や歯周病のリスクが高まり、治療内容も妊婦さまや胎児に考慮して進める必要があります。

これから妊娠を希望している方は、なるべく妊娠期間と矯正期間が被らないように逆算して治療することをおすすめします。

もし矯正治療中に妊娠が発覚した方は、安定期を待たずに歯科医師に伝えるようにしましょう。
胎児への影響を考えて、治療内容や薬を変更する必要があります。
また、つわりで矯正治療が辛い場合には治療の中断も可能ですので、不安を抱えずに歯科医師に相談してくださいね😊