ブログ

重度の受け口はどうやったら治る?


みなさま、こんにちは(*^▽^*)
福岡の西通りにある天神歯科・矯正歯科でございます☆彡
いつも天神歯科・矯正歯科のブログを読んでいただき、誠にありがとうございます!!
本日もぜひ最後まで、ご覧くださいませ♫
本日のテーマは『重度の受け口はどうやったら治る?』についてです!!
特に受け口の方は必見のブログ内容だと思うので、最後まで読んでみて下さい(^^)!

福岡 天神 天神歯科・矯正歯科 説明

受け口とは・・・?

まず『受け口』とはどのような症状・歯並びの状態のことを言うのでしょうか?
みなさまの馴染みの深い言葉でいうと、『しゃくれ』というとイメージしやすいかもしれませんね!
その見た目や歯並びに似ているものです!!
※実際にはしゃくれと受け口とは異なるものではございます。
受け口とは、通常の噛み合わせが反対になってしまっている状態のことです。
もっと分かりやすく言うと、上顎よりも下顎が前に突出している状態の歯並びのことでございます(>_<)
歯科用語的に言うと『反対咬合』や『下顎前突』と呼ばれることもあります。
下記の写真のような歯並びが『受け口』と呼ばれます。

福岡 矯正 反対咬合

受け口の原因ってなに?

では、なぜ受け口になるのでしょうか・・・。
その原因は、大まかにいうと先天的なものいわゆる遺伝や、後天的なものいわゆる癖や習慣など様々でございます。
具体的に言うと下記のような原因が挙げられます(^^)/

遺伝

100パーセントとは言えませんが、親からの遺伝により受け口になるという風に考えられることもございます。
受け口というより顎の骨の遺伝と言った方が良いかもしれません。

口呼吸

口が開いた状態で呼吸をすると、舌の位置が下に下がってしまいます。
そうなると気道が狭くなってしまい、下顎が前に突出することが考えられます。
しかもそれが習慣化になってしまうと、さらに受け口が進行してしまいます・・・。

指しゃぶりなどの癖や舌で下顎を押してしまう癖などと様々な癖がございます。
受け口になるような癖を小さいころから改善しておくと良いかもしれません!

天神 矯正 指しゃぶり

受け口を放置しておくと・・・?

では、受け口は放っておいていいのでしょうか・・・。
受け口を放っておくと、様々なデメリットが生じます(T_T)
見た目のコンプレックスのみだけではなく、体への悪影響が及ぼされてしまいます(>_<)

発音がしづらい

受け口の方は、前歯の位置が正しくない場所にあるため、歯に舌が触れなくなってしまいます。
なので、正確な発音がしづらくなってしまいます・・・(T_T)
また、受け口の方は顎関節に負担がかなりかかっているため、口をしっかりと動かして発音ができないので滑舌が悪くなってしまいます。

咀嚼が上手くできない

受け口は噛み合わせが反対になっている、下顎が前に突出されているので、食べものを噛むことが難しかったりします(>_<)
食べものをしっかりと噛むことができないまま、胃の中に入っていくため、食べ物の消化に時間がかかります。
そうなると内臓にかなりの負担がかかってしまいます。

虫歯や歯周病になる

歯並びが悪い状態だと、歯磨きがしづらく磨き残しなどがどうしても多くなってしまいます。
その結果、歯石や溜まりやすくなってしまい、虫歯や歯周病の原因となっていくのです(>_<)
また虫歯や歯周病を放置してしまうと、頭痛や発熱などの身体への影響もでてしまいます・・・。

見た目のコンプレックス

受け口は下顎が前に突出されているため、見た目に対してコンプレックスを抱いている方も多くいらっしゃいます。
鏡を見れなかったり、人前で喋ることができなかったりしていませんか?
このように受け口を放っておくと、見た目や人体への影響、上記でお伝えしたこと以外にも様々なデメリットや体への悪影響を及ぼしてしまいます(T_T)

むし歯 歯

受け口が改善すると・・・?

上記でお伝えした内容のコンプレックスや体への影響が改善されたら、どうでしょう!!
ご自身の性格なども、もしかしたら変化するかもしれません(*^▽^*)
では、受け口が改善するとどのようなメリットがあるのでしょうか・・・。

噛み合わせの改善

受け口だけでなく、様々な歯並びの状態でも言えることですが、歯列矯正を行うと噛み合わせが良くなります(^^)/
歯列矯正は、歯並びの治療もそうですが、噛み合わせの治療になっていくので、歯列矯正をすると噛み合わせも必然的に改善されていきます☆彡
また噛み合わせの改善は、肩こりや頭痛なども解消されたりと良いことづくしでございます(*^▽^*)

虫歯や歯周病の予防

デメリットでもお伝えはしましたが、歯並びが悪い状態だと歯磨きがしづらく虫歯や歯周病などの原因となってしまいます。
歯列矯正を行うと、噛み合わせが良くなり、がたつきも改善されていくので、歯磨きも今までよりもさらに磨きやすくなります!!
歯磨きがしっかりと行えると虫歯などもできにくくなります(*^▽^*)

見た目の自信

やはり見た目がかなり改善されると思うので、コンプレックスが解消されます!♪
見た目のコンプレックスが解消されると、ご自身の性格も明るくなったりと良いことだらけです(*^^*)

やって良かった 

どうやって治すの・・・?

では、一体どのような方法で受け口を治していくのでしょうか。
ずばり!!歯列矯正でございます!!
しかし、受け口が重度の方は『外科手術』も併用しないと、100パーセント改善することは難しいかもしれません・・・。
その外科手術の中でも2つの種類がございます!
それは、『保険適用』もしくは『保険外』ということです。
保険適用の場合の流れとしては、手術の前に一度歯列矯正を行い、外科手術、ダウンタイムの後にもう一度歯列矯正を行う、手術を歯列矯正でサンドウィッチする方法です。
トータルの期間でいうと、もちろん個人差はありますが5~6年と言われています。
治療費も保険適用の場合だとおおよそ100万円以内が相場と言われております。
ただ、当院では保険適用の外科手術を行っておりません!
では、外科手術適用の歯列矯正をできないのか、、、、というわけではございません。
当院でも外科手術を伴う歯列矯正を行っております。
『サージェリーファースト』と呼ばれるものでございます。
サージェリーファーストとは外科手術の前に歯列矯正を行いません!!
【※場合によっては、術前矯正を行う方もいらっしゃいます。】
まず最初に外科手術を行い、その後歯列矯正を行っていきます。
保険適用での最初の歯列矯正がないため、治療期間はこちらももちろん個人差はありますが2~3年と言われております。
治療費は手術代、入院費なども込みで300万円~となっております。
このように金額や治療期間の差はございますが、サージェリーファーストは『時間をお金で買う』と言うイメージでございます。

サージェリーファースト  外科処置 歯列矯正

まとめ

これまで、受け口の原因やデメリットやメリット、治療方法をお伝えしてきましたが
ここでお話したことは全て可能性や平均的なお話になってきます。
必ずしも全ての方に外科手術が適用というわけではございません。
ただ、そういう治療方法もあるよ!そういう方もいるよ!と思って頂ければと思います☆彡
まずは当院の無料カウンセリングにて、みなさまのお悩みを聞かせてください(*^^*)
しっかりと私たちと共有していき、ひとりひとりに合った治療方法をご提案します♫
みなさまのご来院をスタッフ一同お待ち致しております!!
今よりももっと輝いた自分のために第一歩を踏み出しましょう(*^^*)

福岡 天神 カウンセリング