ブログ

裏側矯正の症例紹介


こんにちは🦷✨
天神歯科・矯正歯科です。

今日は裏側矯正の症例を写真と一緒に紹介します😊👌

症例写真紹介の前に・・・
みなさんは矯正がどれくらいの期間かかるのか、見た目の変化がどれくらいで変わるのかご存じですか?

歯が動くスピードや歯並びの状態には個人差があるので一概には言えませんが、矯正の動的期間は【抜歯が必要な場合:1年半~2年】、【抜歯が必要ない場合:1年~1年半】程になります。(動的期間:矯正装置によって歯が動く期間)

ワイヤー矯正の場合、前歯のがたつきは2-3ヶ月~半年ほどで取れてくるので、見た目の変化は初期段階で変わってきます😁☝️
『どうして歯のがたつきはすぐ取れるのに、矯正の期間は年単位でかかるの?』と疑問に思いますよね。
歯のがたつきをとった後は、スペースクローズやかみ合わせの調整を行っていくので、がたつきをとった後も治療は続きます。

たまに、『かみ合わせは気になっていないから見た目だけ治したい』と相談されることがあります。
気持ちはすごくわかるのですが、がたつきだけをとっても正しくかみ合っていないと後戻りの原因や、食事の際に物が噛めない・・・などのトラブルになってしまいます。
歯列矯正において見た目の改善ももちろん重要ですが、かみ合わせの改善や調整が一番重要になってきます。

では次に症例写真と共に歯の並びの変化をお見せしていきます!

症例写真

治療開始前

天神 矯正 症例写真前歯の先端の高さがバラバラでがたつきが見られます。

装置装着から2カ月後

天神 矯正 症例写真
前歯のがたつきが取れ、横から見た時の前歯の傾斜がなくなってきました!
奥歯についている青い詰め物は【バイトアップ】と言ってかみ合わせを高くするものです。
装置と歯があたって装置がはずれてしまうのを防いだり、動かしたい歯が対合歯にぶつかってしまうと歯が思うように動かなくなるので、歯の動きの妨げにならないように一時的にかみ合わせを高くします。

装置装着から5カ月後

天神 矯正 症例写真前歯の切端の高さが揃ってきました😁

見えづらいですが、ワイヤーも装置装着時に比べると太くなってきました!

装置装着から9ヶ月後

天神 裏側矯正 症例写真噛み合わせを調整するためのボタンが前歯に付きました。
ボタンにゴムをかけてゴムの力を使って歯を動かしていきます。

装置装着から10ヵ月後

天神 裏側矯正 症例写真がたつきが無くなり噛み合わせも整っています!
この方は最後の微調整をマウスピースで行っていくことになりました。
当院では患者様一人一人にあった治療計画を立てて治療を進めていくので、マウスピースを併用した方がより良いと判断した場合はワイヤー矯正の最終仕上げをマウスピースで行うことがあります。

まとめ

治療中の歯の動きや変化が分かりましたか?🤗
裏側矯正は、矯正装置の中で『治療中の綺麗に見える期間が一番長い装置』になります。
せっかく歯列矯正をするなら、矯正期間中も装置を気にせず楽しめたらいいですよね😊👍
私も以前、表側で矯正治療をしていたのですが、先述したように3カ月から6ヶ月ほどで見た目の変化が表れてくるので『歯は綺麗に並んでいるのに装置が付いている』ことがとても気になりました・・・😂
もし、また矯正することにがあれば次は裏側矯正を選ぶかもしれません🤔❗
もちろん表側矯正にもメリットはありますし、矯正器具をファッションのひとつとして楽しむ方もいらっしゃいます!💑

裏側矯正をご検討されている方は、裏側矯正のメリットである『治療中の綺麗に見える期間が一番長い装置』という点も装置を選ぶ際の参考にしていただければと思います😉👍

当院では無料カウンセリングを行っています。
今日ご紹介した症例写真以外にもお写真をお見せすることができるので気になる方は是非無料カウンセリングにお越しください🦷
スタッフ一同お待ちしております🥰