ブログ

虫歯になりにくいおやつとは?


こんにちは😆
天神歯科・矯正歯科です🦷✨

本日は「虫歯になりにくいおやつ」についてお話させて頂きます!
食べ物によっては虫歯リスクが高くなり、
矯正器具を付けると、歯磨きがしづらくさらに虫歯になるリスクが高くなります😓

矯正 おやつ 虫歯
そこで今回は、どんな食べ物がリスクを抑えられ、どんなことに気を付けたらいいのか
解説させて頂きます!😁

虫歯になる原因

矯正 虫歯 糖分
虫歯の原因は食べ物に含まれる”糖分”にあります。
虫歯菌は糖分が大好物で、糖分を餌に、口の中で増殖していきます。
こうして増殖した虫歯菌が”酸”を作り出し、歯の表面のエナメル質を溶かしていく為、虫歯になってしまうのです。

その為、糖分の多い甘いお菓子は通常の食べ物よりも虫歯のリスクが高くなるのです。

虫歯になりにくいおやつ

虫歯の原因は糖分にありますが、その糖分が口の中にいる時間が長ければ長いほど虫歯のリスクは高まります。
つまり、虫歯のリスクを抑えるためにはその点を気を付ける必要があります。

虫歯リスクを抑える条件

・糖分が少ない
・短い時間で食べられる
・歯にくっつきにくい

虫歯 おやつ 
これらの条件があげられます。
そこでオススメなのは「おせんべい🍘」です!
糖分が少ないだけではなく、噛み応えがある為、よく噛んで食べることが出来ます。
よく噛んで食べることで唾液が出やすくなり、虫歯菌を流してくれる働きが期待できます。
しかし、矯正中は装置が付いているので、食べる際は工夫が必要になってきます💦

矯正 おやつ 虫歯
ですが、甘く糖分があるお菓子も食べたいですよね?😊
甘いものでも「ゼリー」や「プリン」、「アイスクリーム」などは短時間で食べることができ、
歯にもくっつきにくいので、比較的甘いものの中でも、
虫歯になりにくいおやつと言えます🍮
また、やわらかいので矯正中のおやつにもピッタリです🥰

虫歯になりやすいおやつ

虫歯 おやつ 
反対に虫歯になりやすいおやつは糖分が多く、食べるのに時間がかかってしまうものです😓
「キャラメル」や「チョコレート」、「飴」や「ガム」といったおやつは
食べるのに時間がかかってしまううえに、歯にくっつきやすい為、虫歯になるリスクは高くなります。
「ケーキ」や「ドーナツ」といった食べ物も、歯の隙間に挟まりやすい為、おやつとしては人気ですが、虫歯リスクは高いです😵

おやつを食べた後のケア方法

矯正 歯磨き 虫歯
食べ物の糖分が口の中に長時間とどまることは、虫歯菌に酸を作り出す時間を与えることになってしまうので気を付けた方がいいです。
その為、ダラダラとおやつを食べることは避けましょう😓
虫歯になりにくいとオススメさせて頂いた「おせんべい」も少なからず糖分は含まれています。
また、間食は1日に1回までとし、ダラダラと食べないように気を付けましょう。
そして食べた後は歯磨きを行い、難しい場合はうがいだけでも心掛け、口の中をゆすいで食べ物が口の中に残らないようにしましょう!

まとめ

虫歯になりにくいおやつ

糖分の少ない
・おせんべい
・スナック菓子 など
短時間で食べられる
・ゼリー
・プリン
・アイスクリーム など

虫歯になりやすいおやつ

・キャラメル
・チョコレート
・飴
・ガム など

あくまでも虫歯になるリスクのお話になります。
必ずしもキャラメルやチョコレートなどが虫歯になるわけではありません。

甘いものが日々の疲れを癒すという方もいらっしゃるかと思います。
食べた後のケア方法に気を付けながら、甘いおやつを食べられて下さい😊