ブログ

歯列矯正で抜歯は必要なのか?


天神 矯正 抜歯

皆様こんにちは!
福岡県の福岡市中央区天神にあります天神歯科・矯正歯科です(^^♪

今回は「歯列矯正で抜歯は必要なのか?」について
お話させて頂きます!

歯列矯正を行う際に気になる点のひとつとして”抜歯”があげられるかと思います。
「健康な歯を抜くことに抵抗がある…」
「痛いのが怖い…」
など不安に思わられる方はたくさんいらっしゃいます(-_-;)
カウンセリングでも良く聞かれる質問です。
今回はそんな皆様の不安を少しでも和らげることが出来ればなと思っています!(^o^)/

抜歯について

まず抜歯をする主な理由は、”歯が十分に並べられるスペースを確保する為”です。
凸凹の歯並びの場合、歯と歯がスペースを取り合っている状態だと
イメージしていただくと、わかりやすいかと思います。

抜歯をしてあげることで、スペースを取り合うことがなくなり、
ひとつひとつに歯をきれいに並べることができるようになります!
叢生(ガタつき)が大きい方には効果的な方法になります(*^^*)

抜歯は必要?

結論からお伝えすると精密検査の結果次第になります。

ひとりひとり歯の状態が異なる為、
精密検査の結果も異なり、絶対に抜歯が必要かどうかというのは
検査無しでのお答えは難しいのです、、、(;_:)
しかし、比較的に抜歯をした方が綺麗な仕上がりになることが多いことも事実です。
抜歯をせずに無理な治療をすると、リスクも大きく、
治療終了後の後戻りの原因にもつながります。
もちろん検査の結果次第では、抜歯の必要が無いということもありますし、
症例によっては抜歯をするかしないかをご自身で判断して頂くことも出来ますのでご安心下さい(*^^*)

抜歯は痛い?

抜歯をする際は麻酔をします。
ですので、抜歯をする時に痛みというのはそこまで感じられない方がほとんどです。
しかし、数時間で麻酔も切れてくるので
個人差もありますが、2~3日はズキズキとした痛みがあります。
痛いときは無理をせず、痛み止めを飲むことをおすすめ致します!
抜歯窩 痛み 腫れ
また、抜歯を行った当日は口の中をゆすいだり、うがいをしないようにしましょう!
抜歯後はやはり出血しますが、出血を止めるためにもカサブタになった方がいいです。
うがいや口の中をゆすいだりするとカサブタにならず、
なかなか血が止まらなくなり、”ドライソケット”と呼ばれる症状になってしまい、
激しい痛みが発生してしまいます;つД`)

抜歯後の注意事項の説明をしっかり聞き、出来る限りの痛み軽減を行いましょう!

ドライソケットとは?

抜歯窩(ばっしか)が乾いてしまっている状態のことをドライソケットと言います。
歯を抜いた後、もともと歯があった場所に穴が開いてしまい、
新しい歯茎が作られていない状況です。
骨が露出してしまっているので白く見える特徴があります。

通常の抜歯後の痛みよりも強く、さらに長引く傾向にありますので、
ドライソケットにならないように気をつけましょう!

検査について

歯列矯正 検査 矯正治療
歯列矯正をするにあたって、自分に抜歯が必要なのか確かめるために
検査してみるのもいいかと思います(*^^*)
検査をすると、抜歯の有無だけではなく、最適な治療方法も診断時にお伝えが出来ますので
ぜひ一度検査をご検討下さい!
検査を受けるにはカウンセリングからのご案内となります。
ネット・お電話でのご予約が可能となっておりますので
お気軽にご予約下さい(*´▽`*)

無駄な抜歯は避けた方がいいので、抜歯をしないでいいのであれば、その方がいいかと思います。
しかし、抜歯が必要で検査の結果、抜歯を伝えられたのであれば、
一度で歯列矯正を終わらせる覚悟を決めて頂き、
勇気を出して抜歯を行うことをオススメします!
歯列矯正は安い買い物ではないので、
妥協せず、一回で綺麗な歯並び・噛み合わせを手に入れましょう(^^♪