ブログ

歯並びが悪いと虫歯になりやすい???


こんにちは!
天神歯科・矯正歯科です🦷✨

本日は「歯並びが悪いと虫歯になりやすい???」についてお話します!

結論から言いますと
歯並びが綺麗な人に比べると歯並びが悪いと磨き残しをしやすく
虫歯になるリスクが高いと言われています。
(もちろん歯並びが綺麗でも磨いていなければ虫歯になるリスクは高くなります😖)
しかし、虫歯になる原因は磨き残しだけではありません。
他にどのような原因があるのか詳しくお話させて頂きます。

矯正歯科 天神 裏側矯正

虫歯になりやすい人の特徴 ①間食が多い

虫歯は、口の中にいるミュータンス菌が、
磨き残したプラーク(細菌のかたまり)の中に含まれる糖を利用して酸を出し、
その酸が歯を溶かして虫歯になります。
間食が多いと口の中の糖分が多くなり、虫歯ができやすい酸性状態になります。
その時間が長ければ虫歯になるリスクが高まるという事です。

また、間食をするときに回数が少ないからといってだらだらと食べると
お口の中が虫歯のできやすい酸性の状態が長く続くことになるのでよくありません。
そのため間食は回数だけでなく時間も気にする必要があります。

天神 矯正歯科 裏側矯正

虫歯になりやすい人の特徴 ②歯磨きが上手くできていない

毎食後に歯磨きをしていない人(歯磨き回数が一日に1.2回の人)は
お口の中が酸性の時間が長くなるため虫歯になるリスクが高くなります。
しかし、毎食後に歯磨きを3回していても、歯ブラシの毛先が歯の面に当たっておらず
磨き残しが多いと虫歯のリスクは高まります。
磨き残しは先程説明したように虫歯の原因になりますので、
歯ブラシを使用するだけでなく、フロス等も使いしっかり磨くことが大切です🦷✨

天神 矯正歯科 裏側矯正

虫歯になりやすい人の特徴 ③口の中が乾きやすい

口の中が乾きやすいと殺菌作用がある唾液が少ない状態ですので
ミュータンス菌が増殖しやすい環境になります。
お口を開けていることがよくある人は注意が必要です。
歯並びの関係で口が閉じにくい方もいるため、
その場合は矯正治療を行い歯並びを改善することで口も閉じやすくなります!
また、飲んでいる薬によっては
お口が乾きやすくなる副作用があるものもあるので注意が必要です。

天神 矯正歯科 裏側矯正

虫歯になりやすい人の特徴 ④歯並びが悪い

歯並びが悪いと歯ブラシの毛先が上手く歯面に当たりにくく
磨き残しをしやすくなります。
例えば、歯が重なっていたりすると汚れがたまりやすくなり
歯ブラシだけで綺麗に磨くことが難しくなります。
その磨き残したプラークが原因となり虫歯になりやすくなります。
そのため、矯正治療を行い綺麗な歯並びにすることで
歯ブラシが歯面に当たりやすくなり磨き残しにくくなります!

また、ワイヤー矯正を行う方は歯に矯正装置が付いた状態で
歯磨きをする習慣が身につくので、
矯正治療前よりも歯磨きが上手になっている方が多いです♩
歯磨きが上手になり、かつ歯並びが整うと矯正前より歯磨きがしやすくなるので
より虫歯の予防に繋がります☺!

天神 矯正歯科 裏側矯正

いかがでしたか?
歯並びが悪いと口が閉じにくく、お口が乾燥しやすかったり
歯ブラシの毛先が当たりにくく磨き残しをしやすかったりします。
そのため、歯並びが綺麗になると、虫歯になりやすい原因を減らすことに繋がり、
見た目が綺麗になるだけではなく虫歯の予防にもなります!
虫歯の予防をしっかり行う事で歯の健康寿命も長くなり、いいことだらけですね☺♩
矯正治療を始めたいと思った方は一度無料カウンセリングにお越しください🦷
いつでもご予約をお待ちしています🌻