ブログ

受け口は痩せるとなぜさらに目立つのか?


こんにちは😆
天神歯科・矯正歯科です🦷✨
いつも当医院のブログをご覧いただき、ありがとうございます!

受け口の目立ち方は、顔の形や骨格、歯並びによって異なります。
受け口の方の中には、痩せたら目立つ?という疑問を持っている方もいるでしょう。
矯正 疑問
本記事では、「受け口は痩せるとなぜさらに目立つのか?」というテーマについて解説します☝
受け口を改善する方法も紹介していますので、ぜひ参考にしてくださいね😊

受け口ってどんな状態?

受け口とは、下の前歯が上の前歯よりも前に出ている状態のことです。
専門用語では「反対咬合(はんたいこうごう)」や「下顎前突(かがくぜんとつ)」とも呼ばれており、下あごが突き出ている輪郭が特徴です。
矯正 反対咬合 下顎前突
あごの骨の発育に問題があったり、噛み合わせのバランスが悪かったりすると受け口になることがあります😓
また、口呼吸や舌で前歯を押す癖なども受け口を引き起こす原因となります。

受け口は痩せるとなぜさらに目立つのか?

痩せることによる影響は、体型の変化だけでなく顔の輪郭や表情などにも及びます。
痩せて顔の脂肪量が減少すると、個人差がありますが頬やあごのラインがはっきりと現れることがあります。
そのため、受け口が際立ってさらに目立つと感じる方もいるでしょう。
しゃくれ 痩せる 目立つ
ただし、痩せたからといって必ずしも受け口が目立つわけではありません。
また、受け口は、下あごが目立ちやすく、コンプレックスを持ちやすい傾向にあります。
そのため、自分自身が受け口に敏感である場合、痩せたことによって起きる些細な変化も気になり、目立つように感じることもあります。

受け口を改善するには?

受け口を放置すると、歯や顎だけでなく、発音や噛む機能の低下などさまざまなリスクがあります。
改善するためには、歯列矯正や外科矯正が必要です。

歯列矯正

天神 矯正
ワイヤー矯正やマウスピース矯正など矯正装置を使って、歯並びと噛み合わせを整える方法です。
歯の生え方に受け口が生じている場合は、歯列矯正によって受け口が改善される可能性があります。

外科矯正

受け口の原因が骨格に問題がある場合、外科矯正が必要になることがあります。
外科矯正とは、歯列矯正と併せて手術を行い、あごの骨を適切な位置に移動させることで歯並びと噛み合わせを改善する治療方法です。
口元の歪みや顔の輪郭も整えることができるので、受け口による口元のコンプレックスも解消できる可能性があります。
矯正 サージェリーファースト 外科矯正
当院では、はじめに手術を行って見た目や骨格のずれを改善してから歯列矯正を行う「サージェリーファースト」を提供しています。
最初に見た目が改善ができることに加えて、治療期間が短くなるのがメリットです!

まとめ

痩せると頬やあごのラインがはっきりするため、人によって目立つ場合があります。
受け口は、見た目に影響を与え、お口の機能にも問題が生じることがあります。

受け口の改善は、歯列矯正や外科矯正などが有効です。
歯科医師と相談し、原因に合った治療方法を選ぶことが重要になります。
当院では、受け口でお悩みの方は当院までお気軽にご相談ください😊