ブログ

受け口でも歯並びは良い場合はあるの?


歯並び アーチ状 U字

こんにちは(*^^*)
福岡県の福岡市中央区天神にあります、『天神歯科・矯正歯科』でございます(^o^)/

本日は「受け口でも歯並びは良い場合はあるの?」についてお話させて頂きます!!
そもそも”歯並び”と”噛み合わせ”の違いを皆さんはご存知ですか?(。´・ω・)?
歯並び=噛み合わせだと思っている方はとても多いですΣ(・ω・ノ)ノ!
歯並びが良いから、噛み合わせも大丈夫!
大きくは違いませんが、実はそうではないのです!

歯並びとは?

歯並び アーチ状 U字
歯並びとは”見た目”のことを指します!
お口の中を見た時に、歯がキレイなアーチ型で並んでいて、デコボコしていない状態で
左右対称に並んでいる状態がキレイな歯並びだと言えます(^o^)/

しかし、歯並び=”見た目”のキレイさになってくるため、
食べ物を噛む、といった噛む機能についての意味は含みません。

噛み合わせとは?

噛む機能 噛み合わせ 
噛み合わせとは”噛む機能”のことを指します!
歯並びの”見た目”は考慮されず、噛み合う力がバランスよく支えているかが重要になってきます(‘ω’)ノ

  1. 顎の違和感が無く、痛みが無い状態
  2. 左右の奥歯がしっかりと平等に当たって噛める状態
  3. カチカチと歯を噛んだ時に上顎前歯4本に歯が強く当たらない状態
  4. 上下の犬歯がしっかりと噛んでいる状態

これらの条件が当てはまっていれば、良い噛み合わせと言えます(*‘∀‘)
つまり噛み合わせ=”噛む機能”ということになります!!

受け口の歯並びと噛み合わせ

受け口 歯並び 噛み合わせ
上の歯が下の歯に覆いかぶさるような状態が正しい噛み合わせになりますが、
受け口は反対に下の歯が上の歯よりも前に出てしまっている状態のことを指します。

しかし、先ほどご説明したように、歯並びは見た目のみのことを指すため、
受け口のように噛み合わせがあっていない状態でも、
デコボコしておらず、キレイなアーチ型の歯並びであれば、
受け口でも歯並びが良い場合もあります(;’∀’)

このような場合は、歯並びに問題はないため、噛み合わせだけに問題があるケースと言えます。
受け口はこういったケースが多く見受けられます(;´・ω・)

受け口で歯並びが良い場合

受け口 歯並び 噛み合わせ
歯並びが良いのにもかかわらず、受け口の症状がある場合は顎に問題があると言えます( ゚Д゚)
その場合は歯列矯正だけで治すことが難しいため、外科処置が必要になってきます。

外科処置と聞くと怖いイメージを持たれる方や費用面で諦めてしまう方も多いかと思います(-_-;)
しかし、受け口のように噛み合わせが悪いまま生活を続けることで、
身体への様々なリスクや、それらの治療を行う治療費も積み重なって
矯正費よりも大きな金額になってしまうケースもございます( ;∀;)

今後の生活への影響や治療費を考えると、
根本的な原因である受け口を治すことが重要になってきます!!

受け口のリスク

矯正 頭痛 顎関節症
受け口の問題は噛み合わせだけではありません。

  1. 発音・滑舌に影響が出る
  2. 顔の印象(歪み)
  3. 顎関節症へのリスク
  4. 消化不良  など

これらの症状は受け口のほとんどの方に現れるものだとされています;つД`)
特に、歯列矯正のカウンセリングに来院される方は、
受け口である顔の見た目を気にされている方がほとんどです(;_:)
これからの人生の為に、”今”出来ることをやる!
とても大事なことだと思います(*^^*)

まとめ

今回お話させて頂いた通り、歯並びと噛み合わせは全く別の意味を持ちます。
その為、タイトルにある「受け口でも歯並びが良い場合があるのか?」結論を言いますと
受け口でも歯並びが良い場合はあります!!!

しかし、受け口は通常の噛み合わせとは逆になっているため、
噛み合わせには問題があります(-_-;)
噛み合わせが悪いと様々なリスクを及ぼしますので、
改善することをオススメいたします!!

受け口の改善に必ず外科処置が必要になるとは限りませんので、
一度、どんな治療方法が向いているのか検査してみるのが良いかもしれません(^_-)-☆