メニュー

ブログBlog

投稿日:2021/11/05

矯正の痛み

こんにちは☺
福岡県の福岡市中央区にあります天神歯科・矯正歯科でございます
11月になり、どんどん寒くなってきましたね!
皆様寒暖差で体調を崩されないように気をつけてくださいね( ;∀;)
先月は暑い日も多くあり衣替えのタイミングが分からず秋服を楽しめませんでした😢
睡眠・栄養をしっかりとって、手洗いうがいも怠らずコロナと風邪を吹き飛ばしましょう!

ウイルスと戦う人のイラスト(白衣の女性)

本日は矯正中の痛みについてお話していこうと思います。
矯正を考えている患者様も「矯正は痛い」「喋りずらさ・違和感がありそう」というイメージはあるのではないでしょうか。
私も初めは矯正装置って痛そうだなと思っておりました(; ・`д・´)
そんな痛みのイメージがある矯正装置は日常生活における工夫によっては痛みを軽減することも可能なんです。

矯正治療で痛みが発生する場合はどのような時か?

①矯正装置により歯が動かく時に生じる痛み

歯は歯槽骨といわれる骨に埋まった状態で生えております。
歯槽骨が溶けて周囲の歯槽骨に吸収される時痛みが生じます。
また、矯正治療でワイヤーを取りつけ、しばらくして歯が動き始める時にも痛みが生じ始めます。

②矯正装置が口腔内に当たり傷ついた時の痛み

歯列矯正 口内炎 痛み
ワイヤー矯正の場合、装着した矯正器具の一部が口の内側や舌にあたり、
口内炎ができてしまい痛みを感じることがあります。

③食べ物を噛む際に生じる痛み

矯正治療で歯に圧力をかけ、動かしている際には歯槽骨が溶ける痛みが生じてきます。
それに加え、噛む力に圧力がかかり、より強い痛みを感じる場合があります。
痛みのピークは個人差はありますが2~3日後、大体1週間程度で感じなくなります。

どのように痛みを軽減することができるのか!

①矯正用ワックスを使用する

装置が当たって痛い場所に使用することによって、装置を保護し、直接あたることを防ぎます。

②痛む部分を冷やす、またはお薬を服用する

歯列矯正 痛み 冷やす
痛みがありどうしようもない場合は痛み止めを飲むことも一つの手です!
また、痛みのある部分を冷やすのも効果的です😉

③食べ物の工夫をする

かたい食べ物は噛む際に歯に圧をかけてしまうので、矯正治療中はお勧めできません。
柔らかい物や一口サイズにして、奥歯でゆっくり噛むことを意識しましょう。
痛みがある場合はヨーグルトやゼリーなど簡単な物で済ませがちですが、
栄養が偏ってしまうので、食べられる範囲で栄養のある物を食べてくださいね☺

痛みが発生しにくい装置はあるのか?

それでも痛みが怖い患者様にはマウスピース型矯正装置をオススメしております。
治療中の痛みが他の矯正装置より小さいというメリットがあります。
ワイヤー型の矯正装置と比較して歯にかける圧力が小さく、
素材がプラスチックでできているため口の中を傷つけにくいので痛みが少ない矯正装置といえます。

矯正治療にはどうしても痛みがつきものですが、痛みの対処法や食べ物選びのコツを掴んでいれば
矯正治療ライフは格段にストレスのないものになると思うので一緒に頑張りましょう(*^-^*)
次回は装置の種類・メリット・デメリットについてお話していこうと思います。

« »

天神歯科・矯正歯科 転院制度 天神歯科・矯正歯科 メールマガジン

カウンセリングのご予約
・各種お問い合わせは

※ホワイトニングのご予約は
お電話でのみ受け付けております。

WEBからのご予約はこちら お電話でのお問い合わせ・ご予約・無料カウンセリングはフリーダイヤル0120-632-555

ご予約・カウンセリングの
お申し込みはこちら

※ホワイトニングのお申し込みは
お電話でのみ受け付けております。

WEBフォームからお申し込み 電話でお申し込み フリーダイヤル0120-632-555
閉じる