ブログ

歯が短いとガミースマイルになりやすいの?


こんにちは♪
天神歯科・矯正歯科です!
今日は【ガミースマイル】についてのお話です。

ガミースマイル

みなさんは『ガミースマイル』という言葉をご存知ですか?
ガミースマイルとは、笑った時に歯茎が3mm以上見える状態のことを指します。
天神 矯正 笑顔

ではガミースマイルの原因はなんでしょうか。
大きく分けて3つあります。

ガミースマイルの原因

骨格や歯並びが原因

過蓋咬合や上顎前突などの不正咬合はガミースマイルになりやすい傾向があると言われています。

過蓋咬合

過蓋咬合とは、前歯の噛みあわせが深い状態を指します。
通常、前歯の噛み合わせは下の前歯を上の前歯が2~3mm程覆いかぶさるのが正しい噛み合わせと言われています。
過蓋咬合の場合、下の歯を上の歯が3mm以上覆いかぶさっている状態で、人によっては上の前歯に隠れて下の前歯がまったく見えないという方もいます。
福岡 天神 矯正

上顎前突

上の前歯が前に出ている状態。
歯と歯肉の部分が出っ歯ているため、笑った際に上唇が押し上げられ、ガミースマイルになりやすくなります。
天神 矯正 出っ歯

口周りの筋肉や唇が原因

唇や唇周りの筋肉が発達しすぎている場合、唇をめくる力が強いので唇が捲りあがりすぎてしまうことがあります。
過度に捲りあがることで歯肉が露出し、ガミースマイルになることがあります。
また唇が薄い場合、笑った時に唇が細くなるため、縦方向の厚みがなくなり歯肉の見える範囲が広くなりガミースマイルになりやすい傾向にあります。

歯の形態や歯肉が原因

歯の大きさや形にはそれぞれ個人差があり、歯が小さい場合は相対的に歯肉の面積が広くなり歯肉が見えやすくなります。
また、歯肉が歯に覆いかぶさっているような状態の場合、歯の見える範囲よりも歯肉の面積の方が大きくなるため、ガミースマイルになりやすいと言われています。

矯正治療 ガミースマイル 過蓋咬合

ガミースマイルの改善方法

矯正で改善する

過蓋咬合や上顎前突などの不正咬合が原因のガミースマイルには、矯正治療をすることで改善する場合があります。
上顎前突の場合、歯並びを整えながら少しずつ口元を下げていくことで、口元の突出感が改善します。
口元が下がることで、笑った際に唇が押し上げられる量も少なくなるため、ガミースマイルが改善されます。

また、過蓋咬合の場合は上の前歯の位置が低く歯肉の見える範囲が広いため歯肉が目立ってしまします。
上の前歯を上方向に引き上げる(圧下)というアプローチをすることで、前歯が上方向に引きあげられるためガミースマイルを改善することができます。
歯科矯正用アンカースクリュー
矯正でガミースマイルを改善する場合、アンカースクリューという矯正用のインプラントを使います。
矯正治療中に歯茎へ埋入し、ゴムやチェーンなどをかけて上方向へと引っ張ります。
アンカースクリューはガミースマイルだけではなく、歯列を後ろへ下げたりする治療にもよく使われています。

外科治療+矯正で改善する

先ほど矯正での治療方法をお話しましたが、骨格的なガミースマイルの場合矯正だけでは改善することができません。
そのため、矯正だけでは改善が難しい症例には外科治療(OPE)と矯正治療を併用しガミースマイルを改善します。

歯肉の形を整える

歯肉の形を整えることを歯肉形成と言います。
歯肉形成には、歯肉切除術や歯冠長延長術などがあります。

歯肉切除術

電メスやレーザーを使用し歯肉を切除します。
しかし健康な歯肉は再生能力が非常に高く切除しただけでは数カ月でもとに戻ってしまいます。
歯肉切除をする場合はセラミック治療などを併用することがほとんどです。

歯冠長延長術

歯冠長延長術とは、歯肉だけを形成する歯肉切除とは違い【歯槽骨】も一緒に整形していきます。
歯槽骨を整形することで後戻りを防ぐことが出来ます。

ボトックス注射する

筋肉が原因によりガミースマイルになっている場合はボトックスを注射することで、筋肉の緊張を緩めることができます。
筋肉が緩むことでガミースマイルを改善することができます。

ガミースマイルで悩まれている方は一度、当院の無料カウンセリングにお越しください(^^)/
お口の状態や悩みにあった最適な治療方法を一緒に見つけていきましょう!