ブログ

受け口を外科的な施術で治せば、顔のエラもなくなる?


こんにちは😆
天神歯科・矯正歯科です🦷

多くの方が、歯並び・咬み合わせで悩んでいらっしゃるのではないかと思いますが、
受け口であった場合、口元だけではなくエラの張りなども気になっていらっしゃる方も見受けられます。
受け口の場合は、外科手術も検討されますが、エラの張りが改善するのか、気になるところではないでしょうか?
そこで今回は、「受け口を外科的な施術で治せば、顔のエラもなくなる?」について、詳しくご紹介していきます!
天神 矯正 受け口

受け口の改善には外科手術が必要?

受け口は2つのタイプがあり、歯槽性と骨格性に分類されます。
歯槽性では、歯が生える位置や、方向などに問題があるため、歯列矯正で改善が見込めます。
しかし、骨格性の受け口であった場合は、下顎の成長が著しかったり、
上顎の成長が乏しかったりする理由から、受け口となってしまうケースもあります😵
このような場合、顎の骨を削る外科的な施術を行うことで、受け口の改善が見込めます。
天神 矯正 外科手術

顔のエラと受け口の関係は?

エラの張りの多くは、下顎角とよばれる部位に原因があります。
下顎角の大きさや形によって、人よりエラが張っているように見えてしまうのです。

また、受け口である場合は顎も大きく、下顎角のでっぱりも目立つ場合も多く、エラ張りでお悩みの方もいらっしゃいます。
しかし、下顎角のでっぱりが受け口の直接的な原因ではないため、
歯列矯正を目的とした外科的な施術では、下顎角の大きさや形を変えることは困難であります😓

天神 矯正 美容整形

しかし、受け口を外科的な施術で改善することで顔貌にも変化が生じ、
結果的にエラが目立たなくなる可能性もありますが、根本的な改善は見込めないため、
エラの原因である下顎角の手術は、美容整形の必要がでてきます。

咬筋や脂肪によってエラが張っている可能性は?

エラの張りは骨格だけがではありません。硬い食べ物を咬むとき、
食いしばりなどを行うときに活用する咬筋に原因がある場合もあります。
咬筋は、頬骨と下顎角にかかる筋肉です。
この咬筋が張っている状態であるとエラが目立つようになります。

天神 矯正 咬筋

咬筋を活用する食いしばりは、体重の1.5倍以上の力が歯や顎に加わるといわれています。
その咬筋の張りを自力で改善するのは、なかなか困難でありますが、
歯列矯正や受け口の外科的な施術によって、咬み合わせを理想な位置へ導くことで、
咬筋に加わる力にも変化をもたらすことができ、結果的にエラの張りが緩和していく可能性もゼロではありません◎

受け口と顔のエラの関係は、直接的に影響があるわけではありませんが、
さまざまな要因が重なりあり、結びつきがあります。
そのため、受け口を外科的な施術で治せば、顔のエラもなくなる可能性もありますが、
エラの骨である下顎角自体に原因があったり、咬筋の張りに原因があったりした場合は、その原因を見極めて対処していく必要があります。

当院のカウンセリングは、無料で行っておりますのでお気軽にご相談ください😊